中古車・車の情報提供サイト

Enjoy!CarLife

任意保険と強制保険


任意保険と強制保険の違い

自動車保険(任意保険)は、納車日の前までには加入して、そして、保険期間が始まっている状態を目標として、加入するようにします。理由は、任意保険に加入することなしに運転して、他人様にケガを負わせてしまった場合、相手の仕事等にもよりますが、予想以上の損害賠償しなくてはいけないこともあり得るからということです。一般のサラリーマンが間単に払えるような金額ではありません。事故により、離婚したケースもあるようです。保険内容にもよりますが、任意保険に加入しているほうが安心だといえます。

自賠責保険(強制保険)の現実

自動車保険は「自賠責保険(強制保険)」に入るから、他はいらないんじゃないの?と思われている方もいるかもしれませんが、実際は、自賠責保険(強制保険)だけでは、間に合わない金額を請求されるということは、ざらに起きているようです。

※自賠責保険(強制保険)の死亡および重度の後遺障害の場合の補償の限度額は3,000万円ですが、裁判所の判例では、1億円以上の損害賠償を認めるものも多く、場合によっては、2億円以上というケースも存在しています。自賠責保険(強制保険)の3,000万円だけで、いったいどうやって支払えば良いのでしょうか?自動車の任意保険料は、若い方で年間20〜30万円以下、ベテランの方なら5万円を超えないで済むものですから、万が一の事故で人生のプランが狂わないように、任意保険の加入をぜひお勧めします。

自動車保険の特約について

「自動車の任意保険の種類」で説明した対人賠償保険や対物賠償保険には、『特約』と呼ばれる細かな補償サービスを追加することができます。「特約」は、各自動車保険会社ごとに作られており、数十種類の特約が用意されているのは当たり前で、保険会社によっては、100種類を超える場合もあります。あなたが気に入った特約があった場合は、年間1,000円前後のコストを支払えば、オプションとして特約を付けることができます。

特約の不払い問題とその後の発展

特約は、種類が多すぎるようになってしまった為に、私たち顧客側だけでなく、保険会社の方でも、内容を把握できないという問題が起こりました。実際に私たちが事故を起こしたり、巻き込まれた時に、本当は「特約」を付けていて、保険金が支払われる場合でも、そのまま不払いにされたという、保険金不払い問題が、大量に発生し、金融庁から行政指導が入った保険会社もあるほどです。それ以降は、保険業界全体として不払い問題に取り組み始め、私たちが特約内容を理解しやすいように、図などを使った説明や、わかりやすい表現方法が使われるようになりました。また、保険金を支払いチェックする人員を増加したり、新しいシステムを開発するなど、努力が行われています。あなたが「特約」を付ける場合には、ご自分でその内容を把握し、万が一の事故が起きてしまった場合は、特約内容に沿って、保険金の支払いやサービスが行われるかどうかを、ぜひ確認しましょう。

Favorite

結婚相談所 大阪
https://www.libero-soel.com/

Last update:2016/10/18

トップページ車の基礎知識車のボディタイプ新古車について中古車購入チェックPOINT見積書の見方自動車保険自動車ローンナンバープレート

バナー

バナー

バナー

バナー

 

携帯でQRコードを読み取ると
サイトへアクセスできます

CAR's MASTER 携帯でのアクセスはこちらから

リンクについて>
当サイトはリンクフリーです。
どのページにでも自由に
リンクを貼って下さい。

/
お問い合わせ

 

コピーライト